【おすすめ文房具】超便利で良コスパなリーガルパッドはもっと知られるべきだと思う


スポンサーリンク

リーガルパッドという文房具、知ってます?

唐突ですが皆さん、リーガルパッドってご存知ですか?一般的には写真のような表紙のない黄色罫線のメモパッドなんですが、あまり使っている方は見かけませんね。私も知らなかったのですが、ネットで偶然見つけすごくコスパが良い上に使いやすそうなので試しに購入してみました。

そしたらまあ、なんと、使いやすいのなんの・・・。これはもっと知られるべき!と思いましたので、この記事でご紹介します。

そもそもリーガルパッドって何よ〜法律事務所で使われる一筆箋

リーガル(legal)とは「法律の」「法律で定められた」などを意味する形容詞です。法律関係の方にはおなじみと紹介されることもあるようですが、このへんはどうなのでしょう?

リーガルパッドの特徴3つ

特徴1 黄色い紙〜机の上ですぐに見つかる・目に優しい(感じがする)

Amazonなどで売られているリーガルパッドを見ると、ほとんどの製品は黄色の紙が使われています。なぜ黄色なのか定かではないのですが、個人的にはこの黄色はとても気に入っているところです。

普段、仕事で使う紙のほとんどは白色ですよね。そこで白色のメモパッドを使っていると「あれどこだっけ?」と探してしまうことはありませんか。とっさにメモしようと、メモ紙や適当な裏紙に書いたつもりが実は会議資料なんてこともあります。でもリーガルパッドは黄色ですから、机の上に置いていてもすぐに見つかるんですよね。

また黄色い紙は白い紙に比べると光の反射が柔らかく目に優しい印象です。数字で測ったわけではないのですが、あまりまぶしくないなあと感じています。

特徴2 最大の特徴〜マージン罫が便利


リーガルパッドには左から数センチのところに赤い縦の罫線が引かれています。この縦線は画像のように日付、時間、発言者など何かを記録する際にとても便利です。

特徴3〜ミシン目入りでサクッと破れる

メモ用紙の上部にはミシン目が入っており、1ページずつサクッと切り離せます。私は何でも書いて、不要になったらポンポン捨ててますよ。

リーガルパッドは安い(製品によりますが・・・1枚たったの2.3円)

なんと言っても安いことも魅力です。1枚辺りの価格は製品によりますが、私が使っているオフィスデポの製品は1枚たったの2.3円。1日5枚使ったとしても10円ほどの出費です。このようなメモ製品やノートを使うと「もったいない」と感じてしまいがちです。しかしメモをとるための道具には「もったいない」という気持ちは禁物。

使ってこそ意味があるものですから、安いに越したことはありませんよね。

リーガルパッドは便利ですよぉ

リーガルパッドは机の上に常備しておきたい便利なメモパッドで、私は購入して良かったと心底感じています。
ロディアなどのメモパッドの代わりを探している方、それなりに大きなサイズで安いメモパッドを探している方には特におすすめ。ぜひお試し下さい!

ちなみにオフィスやデスク、仕事の工夫のためにこんな記事も書いています!

アナログ派の目標管理と習慣化にはスチレンボードがおすすめの巻

2016.03.08

仕事・PDCA・生活改善・習慣化・勉強・・・効率が超上がる四色(三色)ボールペンの使い方の巻

2016.04.05

スポンサーリンク

ハイファイブって何?エラって何者?

「お前の人生つまらないよね」なんて上司に言われたことがあるシステムエンジニア時代。「絶対に人生楽しんでやる!」と一念発起してフリーランスとして2014年に独立しました。そのあと「フリーランスなんだから、やりたいことをやればいい」と執筆やコンテンツ企画、カウンセリングなどエラは色んな仕事をしています。
このブログはそんなエラが楽しい・面白い・誰かに伝えたいと思うことを綴る場所です。
私はうつ病の経験もあります。力を発揮できないことでとても悔しい思いをしました。今は「働き方をしなやかに変えるフリーランス」として色んな方のお役に立ちたいと思っています!