【依存症・保存版】アルコールやギャンブル、薬物、買い物などすぐに対処〜厚生労働省が啓発キャンペーン


スポンサーリンク

厚生労働省が依存症の啓発キャンペーンサイトを公開しました

「ついつい飲んじゃう」「ついついパチンコ屋に行ってしまう」

人間なら誰しもあることだと思いますが、心の底で「良くないなあ」「嫌だなあ」「やめたいなあ」と思っているのに飲んでしまう、行ってしまうのは依存症の可能性があります。私はカウンセラーとして依存症にも向き合っており、たくさんの方の人生の立て直しに立ち会ってきました。

心当たりのある方、ちょっと心配な方はぜひ厚生労働省のキャンペーンサイトも覗いてみて下さいね。

厚生労働省依存症啓発キャンペーンサイト:つい○○しちゃってない?〜それって依存症かも〜

もう少し依存症のことを詳しく解説します

キャンペーンサイトでは依存症について以下のように書かれています。

人が「依存」する対象は様々ですが、代表的なものに、アルコール・薬物・ギャンブル等があります。このような特定の物質や行為・過程に対して、「やめたくても、やめられない」「ほどほどにできない」状態をいわゆる「依存症」といいます。 厚生労働省:つい○○しちゃってない?〜それって依存症かも〜より抜粋

医学的な定義とは若干異なりますが、現実に依存症で生活が立ち行かなくなる場面においては上に書かれた依存症の定義は十分に役立つものだなと私も感じました。特定の物質の代表はアルコールや覚せい剤、脱法ドラッグ、咳止め薬や風邪薬など。行為や過程には過食や拒食、ギャンブル、買い物、自傷癖などです。

大切なのは本人や家族が苦痛を感じていないか、生活に困りごとが生じてないか、という点です。 厚生労働省:つい○○しちゃってない?〜それって依存症かも〜より抜粋

これはまったくその通りで、医学的には依存症とは言えなくとも、生活に支障が出て自分自身で軌道修正することが困難な状況であれば、医師などの専門家から適切なアドバイスや治療を受けるべきだと私も考えます。せめて「生活を立て直すために依存の対象から離れる」など何らかの対処が必要でしょう。

依存症は進行性の病と言われます


世界的なアルコール依存症者の自助グループ「アルコホーリクス アノニマス(AA)」が頒布している本「アルコホーリクス アノニマス(通称ビッグブック)」には、メンバーはアルコール依存症という進行性の病にかかっていると信じている、とも書かれています。(アルコホーリクスアノニマス46ページ)

アルコホーリクス・アノニマス
Alcoholics Anonymous World Services Inc.
NPO法人 AA日本ゼネラルサービス
売り上げランキング: 59,996

この本は1940年ごろにアメリカのアルコール依存症者達の経験や医学的知識などをもとに書かれた本で、依存症が進行性の病であるという医学的、科学的根拠には乏しいものの、「この本を読み継いできた数千万人の依存症者達の実感として」依存症は進行する病気であると信じてこられました。また私自身もたくさんの依存症の方を見て、同じ思いを抱きます。
(Amazonにも売っていますが、アルコホーリクスアノニマスの日本事務所(AA日本ゼネラルサービス・JSO)では文庫サイズなど安くて小さい本も売っています。私が代理購入することも出来ます(これはボランティアです)のでお気軽にご連絡下さい。連絡先→E&Cカウンセリング

つまり依存症は放っておいても治らない(回復しない)


進行性の病であるとすれば、ほうっておけば病状は悪化します。アルコール依存症であれば、お酒で辛い目に遭う頻度は増し、内容もよりヘビーなものになっていくでしょう。最初は酔いつぶれて寝てしまう程度だったものが、二日酔いで仕事が出来なくなり、会社を休みがちになり、今までお酒を飲んでいなかったはずの時間にも飲酒をするようになるというものです。ギャンブルであれば掛け金の額は大きくなり、より早く取り戻そうとします。失ったお金を取り戻すはずが、いつしか賭けるためのお金を誰かに無心するようになり、挙げ句の果てに盗む、あるいはヤミ金など違法な高金利の借金を背負うことにもなりかねません。

あなたが悪いのではない〜単なる病気で意志の力が弱まっているだけ

依存症という病気は端的に言えば「脳の病気」です。依存の対象(お酒やギャンブル、薬物など)をコントロールする能力を失っている状態ですから、決して心が弱いわけではありません。そしてその人自身の能力、才能、地位や名声、経済的豊かさなどは一切関係なく発症します

あくまでも私が見てきた範囲ではありますが、依存症者自身の心はむしろ強いことのほうが多いものです。ただ依存の対象に関してはコントロールを失っています。

人間の脳は私たちのあらゆる感情や行動を制御します。その脳が病気になっているのですから、意志の力でコントロール使用とするのは無意味だとも言えるでしょう。

ではどうすればよいのか〜回復するための方法はあります


依存症から回復することはできます。ただ多くの方がその方法を知らないことがとても残念でなりません。
回復の方法は複数あり、ご自身に合った方法に諦めずにチャレンジすることが大切です。

この記事を読んでもよく分からない
頭が混乱する
相談は怖い
お金が心配

そんな人はとりあえずこの記事を読んでみて下さい。

【E&Cカウンセリング】初回相談無料のワケ〜相談できない病気だよね

2017.01.15

保健所や依存症回復の施設、自助グループなどの活用


厚生労働省依存症啓発キャンペーンサイトにはお役立ちリンク集として、各種相談窓口が紹介されています。私もこれらの相談窓口に行かれることをおすすめします。

もし気になる方で、どの相談窓口に相談したら良いのか分からない、そもそも相談の仕方がよく分からない、何を話したら良いのかわからない、自助グループや施設がどんなところなのか分からないなど相談にためらうのであれば、当カウンセリングルームにもご連絡下さい

私は、自助グループや依存症回復に関わるNPO法人で職員として業務に従事していたことがあるので、それらがいったいどんなところなのかお話しすることは出来ます。必要であれば代わりに連絡を取り、アポイントを取るようなこともいたします。お気軽にご連絡下さい

キャンペーンに掲載されていない相談窓口


依存症はアルコールや薬物などの物資以外にも、行為や過程にも依存するため、あらゆる物事が依存の対象となります。上のキャンペーンサイトに掲載されていない依存症も簡単に触れておきます。

  • 摂食障害・買い物依存症などはMACが対応可能なケースが多いので活用して下さい
  • 摂食障害の自助グループはOA(Overeatersアノニマス)が対応しています
  • 買い物依存症はDA(Debters アノニマス)が対応しています
  • 性依存(セックス依存など)はSA(Sexaholics アノニマス)が対応します 
  • 引きこもりもある種の依存です。人間に対する依存や他の過程依存(ネット依存、ゲーム依存など)が複合的に絡まっているケースが多いです。相談窓口は公共の場合、引きこもり地域支援センターが各自治体にあります。自助グループとしてはひきこもりアノニマスもあるので活用されるのも良いでしょう。
  • ギャンブル依存症に関連して、借金依存症と呼ばれるものもあります。医学用語ではありませんが自分自身の劣等感や生きづらさを解消するために借金を重ねてしまうものです。多くの場合、ギャンブルや買い物など別の依存症が行動に表面化していますので、対応した自助グループやMACに相談してみて下さい。
  • どこに相談したら良いのか分からない方は私にご連絡頂ければ適切なアドバイスが可能です(最後にも書きましたが、一人で解決しようとすることはおすすめできません)

依存症回復の理論を学ぶ〜12ステップの活用


依存症回復にはさまざまな方法がありますが、私がもっとも効果を実感するのは「リカバリーダイナミクス」という理論で、私は講師として依存症者の回復のお手伝いをしていました。依存症者や周囲の方の心の自立を促し、依存の対象を必要としない生き方に変える意味ではまさしく「心を入れかえて新しい人生を送る」ためにふさわしい方法です。

リカバリーダイナミクスはRDデイケアセンターなどが定期的にセミナーを開催しており、相談窓口も設けています。

最後に〜依存症は誰かに頼れない病気です


依存症は「周囲の人に頼れない」ことで孤独を深め、その結果依存の対象である酒やギャンブル、薬、買い物や食べ物、セックスなどを使って孤独を癒やし、心の安定を図ろうとして起きてしまう病気です。
そのため相談窓口に連絡を取ることや自助グループを訪ねてみるなど、誰かに頼ろうとすることが治療の第一歩になります。
もし不安であれば、私のカウンセリングルームにもご連絡下さい。(カウンセリングは電話、カフェ、Skype、メールなどお好みの方法で行います)
E&Cカウンセリング


スポンサーリンク

ハイファイブって何?エラって何者?

「お前の人生つまらないよね」なんて上司に言われたことがあるシステムエンジニア時代。「絶対に人生楽しんでやる!」と一念発起してフリーランスとして2014年に独立しました。そのあと「フリーランスなんだから、やりたいことをやればいい」と執筆やコンテンツ企画、カウンセリングなどエラは色んな仕事をしています。
このブログはそんなエラが楽しい・面白い・誰かに伝えたいと思うことを綴る場所です。
私はうつ病の経験もあります。力を発揮できないことでとても悔しい思いをしました。今は「働き方をしなやかに変えるフリーランス」として色んな方のお役に立ちたいと思っています!